logo

Uber、アプリ内チップが導入後1年で6億ドルを突破

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年06月22日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Technologiesは米国時間6月21日、米国とカナダのドライバーたちがアプリを通じて受け取ったチップの総額が過去1年間で6億ドルを超えたことを明らかにした。Uberによると、アプリ内チップ機能の開始から時間が経つほど、チップを支払う乗客が増えたという。たとえば、Uberのドライバーたちが受け取ったチップの額は、最初の6カ月では2億ドルだったが、直近の6カ月では4億ドルだった。

提供:Uber
提供:Uber

 ドライバーらは何年も前からUberにアプリ内チップ機能を追加するよう求めていたが、Uberは、乗客が評価しているのはチップ不要で乗車できる利便性だと主張していた。だが結局、賃金の引き下げをめぐってドライバーとの関係が悪化した数カ月を経て、Uberは2017年6月にチップ機能を導入した。

 なおLyftは、Uberより5年前にアプリ内チップ機能の提供を開始している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]