logo

イトーヨーカ堂など3社、シェアサイクル事業で協業--浦和店からサービス開始

西中悠基 (編集部)2018年06月21日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イトーヨーカ堂とシナネンサイクル、「HELLO CYCLING」を運営するOpenStreetの3社は6月21日、シェアサイクル事業で協業すると発表した。

 HELLO CYCLINGは、事業者や自治体向けのシェアサイクルプラットフォーム。自転車を借用・返却できる「ステーション」の検索から決済までを、スマートフォンやパソコンで手続きできる。また、ステーションであればどこでも乗り捨てが可能。料金は15分60円、24時間まで最大1000円だ。

 今回の協業では、6月21日よりイトーヨーカドー浦和店でサービスを開始。イトーヨーカ堂がシェアサイクルステーションのスペース提供、シナネンサイクルが自転車の管理および運営、OpenStreet がシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」のシステム提供を担当する。

イトーヨーカドー店舗に設置するステーションのイメージ
イトーヨーカドー店舗に設置するステーションのイメージ

 協業サービスを展開するさいたま市では、セブン-イレブン店舗を中心に128ヵ所の「HELLO CYCLING」ステーションがあるという。イトーヨーカ堂は、駅近店舗でのサービス提供により、浦和区における利用頻度の高いマザーポートを目指すことで、放置自転車の削減、周辺ステーションとの相互利用によるユーザーの移動利便性向上、新たな集客に繋げるとしている。

 イトーヨーカ堂は、今後もHELLO CYCLINGが展開している地域のイトーヨーカドー店舗を中心にサービスを順次展開。2018年度中に10店200台、2020年度末までに30店500台規模での全国展開を目標とする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]