logo

MIT、ナノドローン向け超小型チップを開発--電力消費量は電球の約1000分の1

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月21日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 より小型でスマート、かつ長時間稼働できるドローンが実現するかもしれない。

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のVivienne Sze氏とSertac Karaman氏が共同で率いる研究チームが、約20平方ミリメートルの超小型サイズで、電球の約1000分の1のエネルギーしか消費しない、完全にカスタマイズされたチップ「Navion」を開発したという。MITが米国時間6月20日のプレスリリースで明らかにした。

提供:MIT Researchers
提供:MIT Researchers

 この研究チームは2017年、「ナノドローン」など、ミツバチと同サイズのドローンに電力を供給する小型コンピュータチップを設計した。2018年のバージョンでは、小型化と高性能化がさらに進んでいる。超小型ドローンは、特に遠隔地や近づきにくい場所でのナビゲーションにこのチップを役立てることができる。長時間稼働する必要のある小型のロボットやデバイスも、このチップの省エネルギー性の恩恵を受けられるかもしれない。

 MITによると、このチップは最大171fpsのリアルタイムカメラ画像を処理できるという(DJIの「Phantom 3」のカメラは30fpsで撮影する)。これと慣性測定を利用して、空間における位置を判断する。

 研究者らは、18日~22日にかけて開催中の国際会議「2018 Symposia on VLSI Technology and Circuits」でこのチップについて発表する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]