logo

マイクロソフト、「Xbox One」でVRをサポートする計画を撤回か

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月21日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftがGamesIndustry.bizに述べたところによると、同社は現在、人気の高い「Xbox」ゲーム機での仮想現実(VR)サポートには取り組んでいないという。これは、VRのサポートを明言した同社の以前のコメントと矛盾する。さらに、同社は複合現実(MR)のサポートの追加も予定していない。複合現実は、デジタルの物体と現実世界の物体の共存を可能にするハイブリッド技術だ。

 Microsoftの最高マーケティング責任者(CMO)を務めるMike Nichols氏は先週ロサンゼルスで開催された「Electronic Entertainment Expo」(E3)ビデオゲーム見本市でGamesIndustry.bizに対し、「Xboxゲーム機でのVRやMRに関する計画は全くない。われわれはそれに関して、より没入的なVRとMRに最も適したプラットフォームはおそらくPCだろう、と考えてきた。その考えは今後も変わらない」と話した。

 それは、Xbox統括者(現在はゲーミング担当エグゼクティブバイスプレジデント)のPhil Spencer氏が当初、2016年6月の「Xbox One X」ゲーム機(当初は「Project Scorpio」として知られていた)発表時に約束したことと明らかに異なる。

 その1年後、The Wall Street Journal(WSJ)がXbox One XはVRをサポートしないと報じたにもかかわらず、Xbox統括者のPhil Spencer氏は米CNETに対し、Xbox One XではVRが完全にサポートされると述べた

 Microsoftは声明の中で、Nichols氏の最新の発言を一部認めた。

 Microsoftの広報担当者は電子メールで送信した声明の中で、「『Windows Mixed Reality』にはチャンスがある。現在のところ、最高のユーザー体験を提供するのはPCだとわれわれは考えている。そうした理由から、われわれはPCに注力している」と述べた。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]