logo

VR配信「バーチャルキャスト」がOculus RiftとWindows MRに対応

佐藤和也 (編集部)2018年06月18日 20時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは6月18日、インフィニットループと共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」について、アップデートを実施。Oculus Rift、Windows Mixed Realityの2機種に正式対応した。

背景変更機能
背景変更機能

 バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになったユーザーが、VR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるサービスとして4月にリリース。ニコニコ生放送などの生配信サービスを介して、スタジオを公開したり、公開中のスタジオに乱入することも可能となっている。

プレゼン機能
プレゼン機能

 これまでの対応ヘッドマウントディスプレイはHTC VIVEのみとなっていたが、新たに2機種に正式対応した。なおサービス開始以降、新機能を随時追加しており、5月28日にはバーチャルキャスト空間内の背景画像を自由に変更できるようになったほか、6月11日にはVR空間内のユーザーのみで画像ファイルの共有ができるカンペ機能、VR空間から視聴者に対して発信ができるプレゼンテーション機能に対応しているという。

 6月18日21時から、今回のアップデート内容の紹介と実演を行うニコニコ生放送を実施。また、今後も多様な番組配信や演出が可能となる機能追加を行っていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]