logo

インカメラが飛び出すスマホ「Vivo NEX」--ノッチなしで画面占有率91.24%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Vivoは、インカメラがボディ上部から飛び出す構造のスマートフォン「Vivo NEX」を発表した。画面にカメラ用の領域を設ける必要がないため、情報表示に使えないノッチ(切欠き)を廃し、91.24%という画面占有率を実現させた。

インカメラがボディ上部から飛び出す(出典:Vivo)
インカメラがボディ上部から飛び出す(出典:Vivo)

 NEXは、モバイル見本市「Mobile World Congress」(MWC)に出展したコンセプトモデル「Apex」を製品化したもの。800万画素のフロントカメラを撮影するときだけポップアップさせる構造を採用したことで、ノッチのないデザインとした。

ポップアップ式カメラでノッチを排除(出典:Vivo)
ポップアップ式カメラでノッチを排除(出典:Vivo)

 さらに、画面をスピーカとして使う技術「Screen SoundCasting Technology」と、指紋センサを画面の下に組み込む技術「In-Display Fingerprint Scanning Technology」(上位モデルのみ)も、ベゼルを小さくし、画面占有率を高めることに貢献したという。

指紋センサは画面の下(出典:Vivo)
指紋センサは画面の下(出典:Vivo)

 画面は6.59インチのSuper AMOLEDで、2316×1080ピクセル表示。アウトカメラは1200万画素と500万画素のデュアルカメラ。バッテリ容量は4000mAh。OSはAndroid 8.1。サイズは162×77×7.98mm、重さは199g。

アウトカメラはデュアル(出典:Vivo)
アウトカメラはデュアル(出典:Vivo)

 そのほかの主な仕様は以下のとおり。

●標準モデル

  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 710
  • RAM:6ギガバイト
  • ストレージ:128ギガバイト

●上位モデル

  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 845
  • RAM:8ギガバイト
  • ストレージ:128ギガバイトまたは256ギガバイト

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]