logo

中国配車サービス大手Didi Chuxing、オーストラリア進出へ

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月18日 10時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスを展開する滴滴出行(Didi Chuxing)が、本拠地の中国でUberより優位に立ってから、同社がいずれ世界へ事業を拡大するのではないかとの憶測が高まっていた。

 Didiは現地時間6月14日、6月25日に英語圏の国に初進出すると発表した。オーストラリアのメルボルンで配車サービスを開始する。同社は既に、現地でドライバーの採用を開始しているという。

 Didiは中国で最も人気の高い配車サービスを展開しており、2016年には350億ドル相当でUber Chinaを買収した。その後、台湾と香港に事業を拡大し、4月にはメキシコに進出した。米国ではまだ事業を展開していないが、5月には自動運転車の公道試験を実施する許可をカリフォルニア州で取得している。2018年は、オーストラリア、中南米、日本での事業展開を視野に市場開拓を継続するとしている。

 オーストラリアの配車市場は数カ月間に多数の企業が参入し、過密状態にある。 Taxifyやインド企業のOlaに加えて、Didiが今回参入した。ただし、現時点でDidiのサービスはメルボルンのみで展開される予定で、オーストラリアのその他の都市でのサービス展開については発表されていない。

Didi
提供:Zhang Peng/Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]