logo

ソフトバンクC&S、「GLIDiC」ワイヤレスイヤホンに新色「シャンパンゴールド」

坂本純子 (編集部)2018年06月13日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク コマース&サービスは6月13日、オーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」より完全ワイヤレスのイヤホン「Sound Air TW-5000」に新色「シャンパンゴールド」を追加する。

女性をターゲットにした新色シャンパンゴールド
女性をターゲットにした新色シャンパンゴールド

 発売は6月29日で、オンラインショップ販売税込価格は9864円。2017年12月からブラックとホワイトの2色を販売しており、価格は同じ。

 Sound Air TW-5000は、左右をつなぐケーブルをなくした耳栓型だ。片耳約5gのコンパクトボディを特長とする。連続使用時間は約3時間、ケース使用時は約10時間。6mmのダイナミックドライバを搭載し、オーディオコーデックはSBCとAACに対応。充電時間は、イヤホン本体で約1.5時間、バッテリケースで約2時間の充電ができ、イヤホンを取り出すと電源オン、ケースにしまうと電源オフになる。

 新色は、今までワイヤレスイヤホンを利用したことがない女性をターゲットをターゲットにしたもの。女性がアクセサリ感覚で利用しやすいシャンパンゴールドで、イヤホンの充電ケースのカラーまで統一。化粧ポーチに入れても違和感のないデザインに仕上げたとしている。

 近年、完全ワイヤレスのイヤホン市場は急速に拡大している。ワイヤレスイヤホンの中では1万円を切る手ごろな価格で、音質やデザインを兼ね備えたSound Air TW-5000はオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP 2018」で金賞を受賞しており、販売も好調という。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]