logo

アップル、アプリ開発者による連絡先情報収集を制限--App Store審査ガイドライン改訂

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年06月13日 10時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bloombergの米国時間6月12日の報道によると、Appleは先週、App Store Review Guidelinesを変更し、「iPhone」ユーザーの連絡先情報を、アプリ開発者が収集、利用、共有することを制限した(本稿公開時点で日本の「App Store審査ガイドライン」には反映されていない)。

 過去には一部の開発者がアプリを通じ、ユーザーにデバイスの連絡先へのアクセスを求め、その情報をマーケティングに活用していた。そうした開発者らは、連絡先に登録されていた個人から許可を得ることなく、そうしたデータを共有したり販売したりしてきた可能性がある。しかし、今回の新しいApp Store審査ガイドラインは、開発者がiPhone所有者の連絡先から入手した情報でデータベースを作ることを禁じ、そうしたデータベースを第三者に共有したり販売したりすることを制限している。

 さらに、開発者が同意を得ない限り、アプリが連絡先リストにアクセスして、ある目的に使うと説明しながら別の目的に使うこともできなくなる。規約に違反した開発者は除名される可能性がある。

 Appleが更新したApp Storeガイドラインには、次のように書かれている。「ユーザーデータにアクセスする連絡先、写真、他のAPIからの情報を使い、自身が利用する目的や第三者に販売または配信する目的で連絡先データベースを構築してはならない。また、ユーザーのデバイスにインストールされている他のアプリの情報を、分析、広告やマーケティングの目的で収集してはならない」

提供:Getty Images
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]