logo

ソフトバンク、ストレージ企業Cohesityへの投資を主導--約280億円

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年06月12日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイパーコンバージド型セカンダリストレージシステムを提供するCohesityは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが率いる資金調達ラウンドで2億5000万ドル(約280億円)を調達したと発表した。

Cohesity

 このシリーズD資金調達ラウンドにより、Cohesityがこれまでに調達した資金は総額4億1000万ドル(約450億円)に達した。Cisco InvestmentsやHewlett Packard Enterprise(HPE)なども今回のラウンドで投資している。

 Cohesityは、大規模クラウドプロバイダーによって提供される、さまざまな規模とアーキテクチャを持つパブリッククラウドとプライベートクラウドの橋渡しを目的としたセカンダリストレージを主に手掛けている。Cohesityは、サイロ化しているデータのバックアップを橋渡しするために、保護、クラウド統合、仮想マシンのためのプラットフォームを提供している。ユースケースとしては、「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud」との連携のほか、スケールアウトストレージ、バックアップ、コンプライアンスなどがある。

 同社は、この半年間で200を超える新規法人顧客を獲得し、世界的な事業拡大を計画している。HPEは、Cohesityのプラットフォームを基盤とするスイートを提供している。

 Cohesityの最高経営責任者(CEO)を務めるのは、Nutanixの共同創業者でもあるMohit Aron氏。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]