logo

ソニー、手軽にワイヤレスが楽しめるヘッドホンと真鍮製のイヤホン2機種を発表

加納恵 (編集部)2018年06月06日 15時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月6日、Bluetoothによるワイヤレスヘッドホン「WH-CH500」(想定税別価格:7500円前後)とスマホ対応リモコン付きのイヤホン「MDR-EX650AP」(同:7000円前後)を発表した。いずれも6月23日に発売する。

 WH-CH500は、30mmのドーム型ドライバを搭載。小型で軽量なオンイヤータイプで、最大約20時間の音楽再生ができるスタミナモデルになる。本体にはNFCを備え、スマートフォンなどとワンタッチで接続が可能。SiriやGoogleアプリの起動にも対応するボイスアシストも内蔵する。重量は約140g。オーディオコーデックはSBCとAACに対応する。ボディカラーはブラック、グレー、ブルーの3つをそろえる。

「WH-CH500」。ブラック、グレー、ブルーの3色
「WH-CH500」。ブラック、グレー、ブルーの3色

 MDR-EX650APは、スマホ対応リモコン付きマイクを備えたイヤホン。12mmのドーム型ドライバを搭載し、再生周波数帯域は5~2万8000Hz。真鍮ハウジングと真鍮音導管を採用し、鮮やかで豊かな中高音域を再生する。イヤピースはSS、S、M、Lサイズを付属。ブラスブラックとブラスブラウンの2色を用意する。

「MDR-EX650AP」。ブラスブラックとブラスブラウンの2色
「MDR-EX650AP」。ブラスブラックとブラスブラウンの2色

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]