logo

タッチパッドが画面になる新型「ZenBook Pro」、ASUSが発表

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月06日 08時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSは台北で開催されているComputexで現地時間6月5日、ノートPC「ZenBook Pro」の新シリーズを発表した。「ScreenPad」という機能が搭載されており、F6を押すと、タッチパッドが5.5インチで1920×1080ピクセル解像度のタッチスクリーンに変わる。

 この機能は新型「MacBook Pro」のタッチバーにやや似ている。ただし、キーボードの上部ではなく下部にある点が異なる。形状は正方形で、そこでYouTubeを視聴することができるため、MacBook Proのタッチパッドとはまったく違うようだ。

 ScreenPadでは、「Music Player」「Calculator」「NumKey」など、ASUSが開発した一連のツールが実行できる。「Microsoft Office」にも対応する予定だ。ASUSによると、ScreenPadをYouTube画面に変える「Chrome」用の拡張機能など、ブラウザ拡張機能も利用可能になる予定だという。

新型ZenBook Pro
新型ZenBook Pro
提供:Aloysius Low/CNET

主要スペック

  • Intelの第8世代「Core i5」「Core i7」「Core i9」が選択可能
  • 15.6インチのタッチスクリーンディスプレイは、FHD(1920×1080ピクセル)とUHD(3840×2160ピクセル)が選択可能
  • ディープダイブブルーとローズゴールドトリムの2色展開
  • 5.5インチのFHD ScreenPad
  • NVIDIAのGeForce GTX 1050/1050 Ti搭載
  • 最大16GバイトのDDR4 RAM
  • 最大1テラバイトのSSDストレージ
  • 重量1.88kg

 価格や発売時期、地域についてはまだ不明だが、ASUSはこれより小さい14インチ版も発表した。こちらは最高装備でCore i7、FHDディスプレイ、GPUはMax Q GeForce 1050なので、15.6インチ版のハイエンドなオプションは備えていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]