logo

4つのiOSアプリがMacにも--ただしOS統合は「ない」とフェデリギ氏が断言

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年06月05日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次世代の「macOS Mojave」では「iPhone」や「iPad」用に作られたアプリの一部がMacでも使えるようになる。2つのプラットフォームにより密接な関係をもたらす、大きく新たな一歩だ。

 カリフォルニア州サンノゼで開催中の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるCraig Federighi氏が変更点を米国時間6月4日に説明した。MojaveにはiOSでおなじみのアプリ「ホーム」「株価」「News」「ボイスメモ」の4種類が搭載されるという。

MojaveにはiOSでおなじみの4つのアプリが搭載される
MojaveにはiOSでおなじみの4つのアプリが搭載される
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 今のところ、iOSアプリをmacOS向けに移行できるのはAppleだけだが、この状況は2019年には変わる見込みだ。

 「この取り組みの第1段階は社内テストだ。開発者には来年提供され、iOSアプリをMacへ簡単に導入できるようになる」(Federighi氏)

 これによりiOSとmacOSはより密接となる。これらのプラットフォームはすでに「Launchpad」や「Dock」など共通の機能がいくつかある。しかし、2つのOSを統合するつもりなのかという疑問に対して、Federighi氏はスクリーンに大きな文字で「No」(ない)と表示して考えを明確にした。

Federighi氏はスクリーンに大きな文字で「No」と表示
提供:Screenshot by Lynn La/CNET

 Appleは、新しい「UIKit」によってiOSアプリにはないMacの機能に適応しやすくし、iOSアプリの開発者がアプリをmacOSでも使えるようにするのを支援する。Federighi氏によると、そうしたMacの機能としては、スクロールバー、マウス入力、ウィンドウのサイズ変更とそれに関連するコントロール、コピー&ペースト、ドラッグ&ドロップなどがあるという。

UIKit
UIKit
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]