logo

空間に落書きできるグーグルのARアプリ「Just a Line」--街でも合法グラフィティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、空間への仮想的な落書きができるスマートフォン用アプリ「Just a Line」について、これまでのAndroid版に加え、iOS版の提供を始めた。さらに、複数のスマートフォンで落書きを共有して描く新機能も搭載した。

AR落書きアプリのiOS版をリリース(出典:Google)
AR落書きアプリのiOS版をリリース(出典:Google)

 Just a Lineは、スマートフォンのカメラを通して見える景色に対し、仮想的な落書きを施せる拡張現実(AR)アプリ。2018年3月にAndroid版をリリースしたところ、多くのユーザーがAR落書きをInstagramやTwitterへハッシュタグ「#justaline」付きで投稿したという。

空間に落書きができる(出典:Google)
空間に落書きができる(出典:Google)

 新たに追加された落書きの共有機能は、複数のスマートフォンで同じAR空間に対して落書きを描けるもの。共有させたい2台のスマートフォンを近づけ、画面右下の人型アイコンをタップすれば、落書きが2人で楽しめる。もちろん、AndroidスマートフォンとiPhoneとのあいだでの共有も可能だ。

落書きを2人で共有(出典:Google)
落書きを2人で共有(出典:Google)

 なお、GoogleはJust a Lineをオープンソースとしており、ソースコードを確認すれば「ARCore」などの使い方が学べる。

Just a Lineの紹介ビデオ(出典:Google/YouTube)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]