logo

ベンチャー3社にオフィスを提供--不動産テックサポートオフィス「AD-O Tech Lab」道玄坂に開設

加納恵 (編集部)2018年06月01日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不動産賃貸や販売などを手がけるエー・ディー・ワークス(ADW)は6月1日、東京都渋谷区に不動産テックサポートオフィス「AD-O Tech Lab」を開設すると発表した。不動産テックを手がける事業者3社がオフィスとして活用することで、協業を進め、新たなる不動産テックビジネスを生み出すことが狙いだ。

 不動産テックサポートオフィスは、東京都渋谷区の自社開発オフィスビルAD-O渋谷道玄坂の2階に開設。通常の賃貸対象とはせず、有望な不動産テック事業者とADWグループ事業とのコラボレーションを図る場所として位置づける。

不動産テックサポートオフィス「AD-O Tech Lab」
不動産テックサポートオフィス「AD-O Tech Lab」
左から、クラウド・インベストメント 代表取締役の徳毛雄一氏、GFL代表取締役CEOの田邊学司氏、スマートマネー・インベストメントの代表取締役社長の鈴木俊也氏、プリンシプル代表取締役の原田宏人氏
左から、クラウド・インベストメント 代表取締役の徳毛雄一氏、GFL代表取締役CEOの田邊学司氏、スマートマネー・インベストメントの代表取締役社長の鈴木俊也氏、プリンシプル代表取締役の原田宏人氏

 AD-O Tech Labに入居するのは、AIを使って物件のセールストークを顧客ごとに自動生成するサービスを手がける「GFL」、不動産における投資型、融資型のクラウドファンディング事業を担う「クラウド・インベストメント」、ホームセキュリティなどのIoTサービスを展開する「プリンシプル」の3社。

 ADWでは、オフィスビルAD-O渋谷道玄坂の竣工時にビルの一部をベンチャー支援の場として提供できないかと考え、公募して今回の3社を選出。書類選考やプレゼンを経た上で、成長力とユニークさがあるか、またADWとコラボレーションの可能性があるかどうかをポイントに選んだという。

 選ばれた3社のうち、クラウド・インベストメントとGFLは、ビル内に本社を移転。福岡県を拠点にしているプリンシプルは、東京支社として同場所を活用する。

 オフィス内は、3社の専用スペースに加え、「CHASHITSU」と名付けられたフリーミーティングスペースを設置。キューブ型のスペースを麻暖簾で囲った空間になっている。

フリーミーティングスペース「CHASHITSU」は麻暖簾で囲われている
フリーミーティングスペース「CHASHITSU」は麻暖簾で囲われている

 ADWは、創業1886年の歴史ある会社。ここ数年は不動産テックにも注力しており、2016年には、小口化投資商品プラットフォーム事業サイト「みんなの投資」を運営する子会社スマートマネー・インベストメントを設立している。今回のAD-O Tech Labは第2弾の取り組みになる。

 具体的な話しはまだ出ていないが、今後も自社開発ビルの一部にAD-O Tech Labを取り入れていきたいという声は、社内からも出ており、今後も取り組んでいきたいとしている。

「AD-O Tech Lab」のエントランスには、4社の企業名が刻まれていた
「AD-O Tech Lab」のエントランスには、4社の企業名が刻まれていた

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]