logo
企業決算

HPの第2四半期、13%増収--PCなど好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月30日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HP Inc.は米国時間5月29日、2018会計年度第2四半期決算(4月30日締め)を発表した。純利益は11億ドル、1株当たり利益は64セントとなり、売上高は前年同期比13%増の140億ドルとなった。非GAAPベースの1株当たり利益は48セントとなった。

 アナリストらは非GAAPベースの1株当たり利益を48セント、売上高を135億7000万ドルと予想していた。

 HPの最高経営責任者(CEO)Dion Weisler氏は、同社がイノベーションと経営効率化に注力していると述べた。同社は、同四半期のフリーキャッシュフローを9億3700万ドルと報告している。IDCのデータによると、HPはPCメーカーとしてトップの位置にある。

IDC

 事業部門別に売上高を見ると、パーソナルシステム事業は前年同期比14%増、うちコマーシャル(法人)向けは16%増、コンシューマー向けが10%増となった。プリンタ事業は11%増となり、法人向け製品が同事業をけん引している。サプライ製品の売上高は8%増となった。プリンタ事業の売上高の増加には、HPによるサムスンのプリンタ事業買収が寄与しているとみられる。

 そのほか、以下の数字が発表された。

  • ノートPCの売上高は前年同期比15%増、販売台数は7%増。同四半期で平均販売価格が上昇したとみられる。
  • デスクトップPCの売上高は前年同期比16%増、販売台数は7%増。
  • プリンタ事業の売上高のうち、法人向け製品が23%、コンシューマ向け製品が12%、サプライ製品が65%を占める。

 今後の見通しとして、HPは第3四半期の1株当たり利益(非GAAPベース)を49〜52セントと見込んでおり、2018会計年度通期では1ドル97セント〜2ドル2セントと予想している。

HP Q2_figure1
HP Q2_figure2

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]