logo

テスラ、「Autopilot」めぐる集団訴訟で和解

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月29日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 運転支援システム「Autopilot」をめぐってTeslaを訴える集団訴訟が2017年に提起されていたが、同社はこのほど原告側と和解したようだ。

 Teslaと、原告側を代表するSteve Berman弁護士がこの集団訴訟について和解に達したと、Reutersが米国時間5月24日夜遅くに連邦裁判所に提出された文書を基に報じた。和解金額を含む詳しい情報はまだ公表されていない。また、和解には米地方裁判所判事の承認が必要だ。5月に入り、和解金は約500万ドル(約5億4700万円)という報道が飛び交っていた。

提供:Tim Stevens/Roadshow
提供:Tim Stevens/Roadshow

 Teslaの声明によると、各原告に対する補償金額は購入と納入の時期によって異なる。最初の和解案が裁判所に承認されれば、世界中の顧客に補償を拡大する。

 この訴訟は、Teslaの「Model S」および「Model X」を所有する、複数の州に居住する6人を代表して提起された。対象の車両は、「Hardware 2.0」を搭載する。Hardware 2.0搭載車両は、それまでの車種にハードウェアと処理能力が追加された車種として2016年に発表された。これらの車両には、Teslaの半自動運転システムであるAutopilotが装備されていたが、Teslaがシステムを改良するまでのしばらくの期間、多くの機能が無効のままとなっていた。しかし所有者らは、車両注文時に5000ドル(約55万円)を支払ってこのオプションを追加していた。これがこの集団訴訟の根本原因だ。

 Berman氏の事務所にコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。Teslaは機能の提供が予想より遅れたことについて説明するとともに、以下のように述べた。

 今回の和解は米国の顧客を対象としたものだが、裁判所に承認されれば、世界中のすべての顧客に同様に補償することを決定した。これを行う法的義務はないが、適切な措置だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]