logo

2019年茨城国体でeスポーツ大会が開催--サッカーゲーム「ウイイレ」などを種目に

佐藤和也 (編集部)2018年05月22日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会実行委員会、ゲームメーカーやメディア関係などで構成する「“eスポーツ in IBARAKI"実行委員会(仮称)」と日本eスポーツ連合(JeSU)は5月22日、2019年秋に「都道府県対抗eスポーツ大会」を開催すると発表した。

 「いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)」と「いきいき茨城ゆめ大会(第19回全国障害者スポーツ大会)」に合わせて実施するもので、協会では都道府県対抗として実施される国民的なeスポーツ大会は全国で初めての試みとうたっている。

 大会は、国民体育大会にならい47都道府県の代表により競われる。2019年春より各都道府県で予選会を行い、2019年秋に茨城県内において決勝大会を行う予定。また開催に先立ち、2018年9月には茨城国体の開催1年前イベントとして、茨城県内から参加者を集う「プレ大会」の実施も発表した。

 eスポーツの種目は、KONAMIのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズのほか、eスポーツの認知拡大を図るため、他タイトルの採用も検討中としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]