logo

第18回アジア競技大会のeスポーツタイトルにKONAMIの「ウイイレ」が採用

佐藤和也 (編集部)2018年05月14日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コナミデジタルエンタテインメントは5月14日、8月18日からインドネシアで開幕する「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」において、デモンストレーション競技として行われるeスポーツのゲームタイトルに、家庭用ゲーム「ウイニングイレブン 2018」(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』)が採用されたと発表した。

 アジア競技大会は、アジアオリンピック評議会(OCA)が主催し、4年に一度行われるアジア各国が参加する総合競技大会。第18回目となる今大会では、インドネシアのジャカルタ・パレンバンで開催。そしてデモンストレーション競技として初めてeスポーツが加わる。

 同社によれば、この大会でeスポーツで採用された6つのゲームタイトルのうち、ウイニングイレブン 2018は、日本のゲームメーカータイトルとして唯一選出されたものとし、今後予選や本戦を通じて使用されるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]