logo

AIデュアルレンズカメラ搭載--ASUS、ZenFoneの最新世代「ZenFone 5」シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUS JAPANは5月15日、「誰でも気軽に堪能できる、ワンランク上の贅沢」をコンセプトに開発されたZenFoneの最新世代「ZenFone 5」シリーズを発表した。


 ラインアップは、カメラに知能(AI)を持つ「ZenFone 5」(ZE620KL)、「ZenFone 5Z」(ZS620KL)、4つのカメラを搭載した「ZenFone 5Q」(ZC600KL)の3モデル。同日より予約を開始し、5月18日に順次、ASUSオフィシャルストア・オンラインショップ、MVNO各社、全国の家電量販店にて発売を開始する。

プリセットされた16のシーンを自動判別し、オートモードでの撮影時被写体に最適な撮影ができる「AIシーン分析」を搭載
プリセットされた16のシーンを自動判別し、オートモードでの撮影時被写体に最適な撮影ができる「AIシーン分析」を搭載

 ZenFone 5(ZE620KL)とZenFone 5Z(ZS620KL)は、パフォーマンスとインテリジェンスを融合した最高性能を実現し、「AI POWER」「AI充電」「AI Display」「AI着信音」といったAI機能を搭載。ユーザーに寄り添い、好みや習慣を学習するという。

新しいコミュニケーションツール「ZeniMoji」(ゼニモジ)も搭載。リアルタイムに表情を読み取り、キャラクターに反映する。FacebookやLINEなどのSNSにもシェアできる
新しいコミュニケーションツール「ZeniMoji」(ゼニモジ)も搭載。リアルタイムに表情を読み取り、キャラクターに反映する。FacebookやLINEなどのSNSにもシェアできる


 背面には、120度広角アングルに対応したデュアルレンズカメラを搭載。カメラを構えるだけで瞬時にAIが被写体を検知・分析し、16のシーンタイプから最適な撮影モードが自動で選択される。

 6.2型ワイド液晶は、一般的な5.5型ワイドのスマートフォン本体と同等サイズのコンパクトさを実現しながら画面サイズを極限まで広げ、画面占有率を90%に向上。特殊なガラスで覆われる頑丈なアルミニウムボディは、厚さ約7.7mm。重量は大画面ながらも約165gとなっている。

 ZenFone 5(ZE620KL)の希望小売価格は5万2800円(税別)。カラーバリエーションは、シャイニーブラックとスペースシルバーの2色。発売日は5月18日。

 ZenFone 5Z(ZS620KL)の希望小売価格は6万9800円(税別)。カラーバリエーションは、シャイニーブラックとスペースシルバーの2色。発売日は6月下旬。

 また、本体の背面と前面を両方保護する純正ケース「ZenFone 5(ZE620KL)/ZenFone 5Z(ZS620KL)専用 Folio Cover」も併せて発売する。希望小売価格は2980円(税別)。発売は5月18日。

 前面と背面に2つずつ計4つのクアッドカメラを搭載したZenFone 5Q(ZC600KL)は、美と実用性を追求したという超薄型メタルユニボディに、画面占有率80.3%の18対9の6型フルビュー液晶を搭載。カラーバリエーションとして、エレガントなルージュレッド、ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラックの3色を用意した。


 同社によると、初代のZenFone 5(A500KL)から4年。ZenFoneシリーズは4世代を経て、再び「5」に戻り、新しい「ZenFone 5」は新たな境地に一歩たどり着き、美しく、そしてインテリジェントに進化しているという。

 ZenFone 5Q(ZC600KL)の希望小売価格は3万9800円(税別)。発売は5月18日。専用の純正ケース「ZenFone 5Q(ZC600KL)専用 Folio Cover」も発売する。希望小売価格は2980円(税別)。発売は5月18日。


-PR-企画特集