logo

「エアトリ」運営のエボラブルアジア、DeNAトラベルを子会社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 格安航空券の比較検索予約サイト「エアトリ」を運営するエボラブルアジアは5月14日、DeNAトラベルを12億円で子会社化することを発表した。これにより、業界第2位の総合オンライン旅行会社(OTA)になる見込みだという。また、連結取扱高2000億円を目指す。


 同社はアジアを舞台に、オンライン旅行事業のほか、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手がけてきた。国内航空券では国内最大手のオンライン旅行会社で、2018年9月期の連結取扱高は700億円を見込んでいるという。

 一方、DeNAトラベルは海外航空券・海外旅行分野に強く、総合旅行サイトを運営している。海外旅行分野では国内最大手のオンライン旅行会社で、直近(2018年3月期)の連結取扱高は約700億円だという。

 エボラブルアジアはDeNAトラベルを子会社化し、相互の商品を補完することで、総合OTAとして商材を充実させるほか、シェア拡大によるブランド力の向上、ボリュームディスカウントによる仕入コスト削減、開発の効率化および、共通化による開発コストの削減、人的リソースの相互補完といったシナジーに期待するとしている。


 また、エアトリ会員52万人とDeNAトラベル会員202万人の合計254万人が会員となるほか、法人出張顧客は同社1273社とDeNAトラベル1388社の合計2661社になるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]