logo

FAAのドローン試験プログラム、認定された米国10都市で開始へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月14日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦航空局(FAA)が米国でドローンのテストを加速させる計画を進めている。Alphabet、FedEx、Intelなど複数のテクノロジ企業が協力する。


 FAAの発表によると、10の州にわたる都市や組織が「Unmanned Aircraft Systems(UAS)Integration Pilot Program」(無人航空機システム統合パイロットプログラム)に参加する予定だという。この取り組みの狙いは、農業や商業、緊急事態管理、人の移動におけるドローン使用の可能性を調査することだ。

 これからの2年間、同プログラムで選ばれた都市と組織は夜間の操縦、人がいる場所の上空の飛行、操縦者の視界外の飛行、荷物の配達、検知・回避技術、操縦者とドローンの間のデータ連携の信頼性とセキュリティについて、ドローンのデータを収集する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]