logo

宝探しから住宅シミュレーションまで--知っておくと便利なiPhone向けARアプリ - 18/22

坂本純子 (編集部)2018年05月11日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 家を建てる前に、実寸大のCGで作られた住宅の中をARで歩き回れるアプリ「QHOME」。アプリのエンジニアが、自分の家を建てるときに「こんなものがあったらいいのに」と思い作成したアプリだという。

 データの対応が心配になるが、最近は、日射取得のシミュレーションのために、3Dモデルを作成するケースが多くなっているという。QHOMEは、一般的なCOLLADAという形式の3Dモデルを変換して取り込めるため、「そのモデルをください」「QOLLADAで書き出してください」といってデータを受け取れば、自身で取り込めるとのことだ。

「QHOME」

 家を建てる前に、実寸大のCGで作られた住宅の中をARで歩き回れるアプリ「QHOME」。アプリのエンジニアが、自分の家を建てるときに「こんなものがあったらいいのに」と思い作成したアプリだという。

 データの対応が心配になるが、最近は、日射取得のシミュレーションのために、3Dモデルを作成するケースが多くなっているという。QHOMEは、一般的なCOLLADAという形式の3Dモデルを変換して取り込めるため、「そのモデルをください」「QOLLADAで書き出してください」といってデータを受け取れば、自身で取り込めるとのことだ。

「QHOME」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]