logo

Twitter Kit SDK、2018年10月末にサポート終了へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは5月6日、オープンソースSDKであるTwitter Kitについて、2018年10月31日をもってGitHub上でのサポートを終了すると発表した。

 Twitter Kitは、iOS/AndroidとUnity向けのツイート表示、Twitter利用者の認証、Twitter APIとの連携を可能にしたオープンソースのSDK。同社によると、開発者がネイティブアプリの開発に役立てられるように提供を開始したとしているが、時間の経過とともに開発者のニーズや開発環境も大きく変化するため、SDKのサポート終了を決定したという。

 同日をもって、GitHub上でiOS/AndroidとUnityを対象にしたオープンソースに関する質問や問題の受け付けを終了。その後、Cocoapods、CarthageとBintray JCenterを通したSDKのリリースも終了する。ただし、GitHub上でのサポート終了後も、Github上にある3つのSDKに関するドキュメントとソースコードはアーカイブの状態で保存され、開発者は参照可能だ。

 なお、10月31日の終了日まで、GitHub上でiOS向けのオープンソースのSDKに関するPull Requestを検証するほか、全てのプラットフォーム向けのセキュリティのサポートを継続する。また、ウィジェットやウェブサイトへの埋め込み機能への投資を増やす計画だという。

 なお、開発者がTwitter Kitを使わずアプリにツイートを表示する方法として、Twitter for Websitesを使った埋め込みツイートやタイムラインのレンダリングのほか、Twitter Kitのプロジェクトを別の独立したプロジェクトに変更し、それを自身のアプリに連携するか、必要なパーツのみをコピーしてアプリに活用することも可能という。また、Twitter’s standard APIを使い、ネイティブの表示機能やログイン機能を追加できるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]