logo

「Windows 10 IoT」向け「April 2018 Update」新機能

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月07日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、「Windows 10 IoT Core」と「Windows 10 IoT Enterprise」向けに最新の機能アップデート(2018年4月のアップデート/1803)をリリースしている。

 Windows 10 IoT Coreは、共通の「Windows 10」コアアーキテクチャを利用する最も小規模なWindows 10のエディションだ。Johnson Controlsの「GLAS」サーモスタットなどのデバイスは内部でWindows 10 IoT Coreを使用している。Windows 10 IoT Enterpriseはキオスクなどのハイエンドな組込みデバイス向けだ。

 Microsoftはブログ記事で、4月の大型アップデートでリリースされたWindows 10 IoTの新機能の一部を紹介している。

 アップデートによって、Windows 10 IoT Coreでは、開発者が「Visual Studio」から直接デバイスのユニットテストを実行できるようになった。そのデバイスにそれらのユニットテストを展開して手作業で実行する必要はない。

 また、AIを自身のIoTデバイスやアプリに取り入れようとしている開発者は、「Windows AI Platform」の機能を活用できるようになった。現在プレビュー段階の「Cortana Devices」ソフトウェア開発キット(SDK)を使って、自身のIoTデバイスに音声サポートを追加することも可能だ。

 Windows 10 IoT Enterpriseについては、4月のアップデートで、デジタルサイネージで複数のスクリーンを利用するためのサポートが追加された。また、「Assigned Access」でキオスク端末の状態を確認できるようになった。さらにAssigned Accessで一部のユーザーアカウントを制限することも可能になっている。

 また、今後HoloLensにも4月のアップデートが展開されるとみられる。

Windows 10 IoT
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]