logo

ハグやパンチ、這い回るヘビの感触を再現するVRジャケット--ディズニー研究機関

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、空気の力で腕や上半身に圧力や振動を加え、仮想的な衝撃や触覚を体感させるジャケット「Force Jacket」を開発した。


空気の力で衝撃や触覚を体感させるジャケット(出典:Disney Research)

 仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、複合現実(MR)といった技術で没入感を高める方策として、何らかの手段で触覚を再現する試みが多数ある。これまでも、電気刺激で全身に触覚を与えるVRスーツ「Teslasuit」や、振動で衝撃を体感できるVRベスト「Hardlight」といったデバイスを取り上げた。ただし、振動などを利用する仕組みだと、体で感じる圧力の再現は難しいという。

 これに対し、Disney Researchは、空気で膨らませるエアバッグで体に圧力を加える方法を採用。合計26個の圧力センサ付きエアバッグを上半身の前後や腕に装着するForce Jacketを作り、さまざまな感触を生じさせる制御アルゴリズムを開発した。


合計26個の圧力センサ付きエアバッグを装着(出典:Disney Research)

 真空ポンプとエアコンプレッサーを制御することで、圧力のほか、衝撃や振動も感じさせられる。研究チームは、ハグされる、雨に打たれる、雪玉が胸に当たる、パンチされる、肩を叩かれる、ヘビや虫が体の上を這う、心臓の鼓動やオートバイの振動を感じる、といった感覚の再現を試みた。


さまざまな感触の再現を試みた(出典:Disney Research)

 さらに、Force Jacketの具体的な応用例として、雪合戦、体にまとわりつく人懐こいヘビ、筋骨隆々としたヒーローへの変身という試験的VRアプリを開発した。


応用例を示すVRアプリ(出典:Disney Research)
Force Jacketの紹介ビデオ(出典:Disney Research/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]