logo

「Snapchat」にARゲームで友達と遊べる「Snappables」が登場

Molly Price (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2018年04月26日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snapは米国時間4月25日付のブログ記事で、友人とゲームを一緒に楽しめる新たな拡張現実(AR)レンズ「Snappables」をリリースすると発表した。

 「レンズ」とは、「Snapchat」アプリ内で写真に特殊エフェクトをかけるARフィルタを指す。新しい形態のレンズとなるSnappablesは、この機能をさらに拡張し、ユーザー間で体験やゲーム機能を共有できる。

 Snapchatの撮影ボタンの右側には「World Lenses」と「Face Lenses」があるが、Snappablesは撮影ボタンの左側からカルーセルが表示される。ユーザーは、モーション、タッチ、顔の表情でSnappablesを制御できる。

 仮想世界へのポータルとして機能するSnappablesもあれば、マルチプレイヤーゲームとしてのSnappablesもある。ユーザーはSnappableレンズを選択し、友人を招待してゲームで対戦したり、バスケットボール、ロックバンド、エイリアンとの戦いなどの体験に参加したりできる。

 Snapは数日以内に「iOS」および「Android」デバイス向けにSnappablesを全世界で提供開始する予定で、今後は新しいSnappablesを毎週リリースするという。


提供:Snapchat

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]