logo

「Google Wifi」国内発表、税別1万5000円--複数台でメッシュネットワーク作成

山川晶之 (編集部)2018年04月25日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは4月25日、同社製Wi-Fiルータ「Google Wifi」を4月26日より国内販売すると発表した。価格は、Google Wifi1台で1万5000円(税別)、3台セットは3万9000円(税別)。


「Google Wifi」

 Google Wifiは、安定した高速接続とシンプルな操作性を特徴としており、最も接続状態の良いチャネルと最も高速な帯域を自動選択して通信可能。特定の端末に帯域を優先することもできる。また、住宅の規模に合わせてGoogle Wifiを追加することで、メッシュネットワークを構築可能。Google Wifi同士が相互に通信して1つのWi-Fiネットワークを作成するため、住居全体で強力なWi-Fi環境を整備できる。

 Wi-Fiの管理は、専用のGoogle Wifi連携アプリを使用。セットアップから接続デバイスの確認、通信速度のテスト、トラブルシューティング、ゲストネットワークなどをスマートフォンだけで設定できる。また、就寝時や食事の時など、決められた時間に子ども向け端末のWi-Fiを停止でき、成人向けサイトへのアクセスをブロックするペアレンタルコントロール機能も搭載する。

 セキュリティは、WPA2などをサポートするほか、ファイアウォール機能、セキュリティアップデートの自動更新に対応。通過する接続(TCPストリーム、UDP通信)を記録し、既知の有効な接続に関連付けられたデータのみファイアウォールの通過を許可する。自動更新は、ユーザーの操作なしで実施されるため、他社のWi-Fiルータにありがちな、アップデートファイルをダウンロードして適用するといった操作が不要となる。

 通信機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/acのデュアルバンド(2.4/5GHz)構成。アンテナは2×2仕様となっている。また、ビームフォーミング、Bluetooth Smartを採用。有線では、ギガビットイーサに対応したWAN×1ポート、LAN×1ポートを内蔵している。CPUは、ARMのクアッドコア、メモリは512Mバイト、4GバイトのeMMCストレージを内蔵している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]