logo

Uber、女性と非白人の割合がわずかに拡大--2回目の多様性レポート

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月25日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは米国時間4月24日、2回目の多様性レポートを公表した。それを見ると、改善した部分とそれほど改善していない部分があるようだ。


提供:Uber

 Uberによると、この1年間で同社の女性従業員の割合は1.9ポイント増加し、全体の38%を占めるまでになったという。技術職に占める女性の割合は2.5ポイント増加して17.9%に達した。技術部門で管理職を務める女性は4.3ポイント増の15.6%。しかし、管理職全体に女性の占める割合は1.1ポイント減少して20.9%になった。

 人種に目を向けると、Uberの従業員に白人が占める割合は48.6%で、前年から1.2ポイント減少した。ヒスパニックの従業員の割合は0.5ポイントの微増だったが、黒人の従業員の割合は0.7ポイント減少した。技術職の従業員に白人が占める割合は46.3%でほぼ横ばいだったが、黒人とヒスパニックの割合はそれぞれ1.6ポイントと0.9ポイント増加した。管理職に白人が占める割合は11.6ポイント縮小して65.1%になった。一方、アジア人、黒人、ヒスパニックが占める割合はそれぞれ9.2、0.5、0.6ポイント増加した。

 Uberの多様性に関する数字は徐々にしか増加していないが、同社の統計データはテクノロジコミュニティーのほかの企業と似たり寄ったりだ。GoogleやFacebook、Appleなど、他の大半のシリコンバレー企業も白人の男性従業員が大部分を占めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]