logo

ドコモが海賊版サイトのブロッキングを正式発表--ソフトバンクとKDDIは?

藤井涼 (編集部)2018年04月23日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTグループは4月23日、海賊版サイトに対してブロッキングを行うことを発表した。政府が4月13日に発表した海賊版サイトへの緊急対策案で、法制度が整備されるまでの間の臨時的かつ緊急的な措置として、プロバイダ各社に「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3サイトのブロッキングを要請したことを受けたものだ。短期的な緊急措置として、準備が整い次第実施するという。

 大手携帯キャリアのNTTドコモがサイトブロッキングを実行することを正式に発表したが、ソフトバンクとKDDIはどう対応するのか。

 まず、ソフトバンクに確認したところ、「著作権などが侵害される事態を放置しておくことは看過できるものではなく、早急に対応すべき重要な問題として認識している」としながらも、「ブロッキングは通信の秘密を侵害する懸念もあり、慎重な議論が必要であることから、電気通信にかかわる業界団体などとも連携し、法律や制度、運用方法など、さまざまな観点から実行可能な方策を検討していきたい」とコメント。すぐにサイトブロッキングは実行せず、慎重に検討したいと説明した。

 また、KDDIは「著作権保護の重要性は理解している。技術運用面、法制面など含め検討中」と回答し、ソフトバンクと同じく慎重な姿勢を見せた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]