logo

ソフトバンク子会社ディープコアがNVIDIAと協業--AI起業家育成へ

加納恵 (編集部)2018年04月23日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI特化型インキュベーターであるディープコアは4月23日、NVIDIAと提携し、AI分野における若手起業家をともに育成していくと発表した。

ディープコアとNVIDIAと協業を発表した
ディープコアとNVIDIAと協業を発表した

 ディープコアはソフトバンクグループが100%出資する子会社。AI、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家育成を目指すAI特化型インキュベーターで、2018年秋には、コミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL」を東京都文京区にオープンする予定だ。

 今回の協業により、コミュニティ&コワーキングスペースKERNELのメンバーは、NVIDIAからAIインフラ提供、トレーニング、コンサルティング、起業支援を含む包括的なサポートを受け、AI分野の起業家を目指せるとしている。

 サポート内容は、AIコンピューティングプラットフォームとして、GPUアーキテクチャであるNVIDIAのVoltaベースのGPUがKERNELに導入されるほか、クラウドベースのプラットフォーム「NVIDIA GPU Cloud (NGC)」の活用を通じて、KERNELメンバーの研究開発やプロジェクトの社会実装をサポート。利用者はクラウド経由でKERNELの外からもGPUコンピューティングリソースにアクセスできる環境を整える。

 また、NVIDIA Deep Learning Instituteを通じた人材の育成、KERNELメンバーへの技術コンサルティング、製品開発、プロトタイピング、導入などの重要なステップを支援する「Inception」と呼ばれるプログラムを活用した支援なども実施する。

 エヌビディア日本代表兼米国本社副社長の大崎真孝氏は「日本国内において、AIはものづくりやサービスを変革させる大きなポテンシャルを秘めており、国際競争力を高め、人々の生活の質を向上させられるだろう。世界最先端の NVIDIAのディープラーニング プラットフォームと、ディープコアのAI に特化したインキュベーションを組み合わせることで、日本の優れたAI人材による画期的なスタートアップの立ち上げを加速させ、さまざまな産業における AI の導入を活性化することを期待している」とコメントを寄せている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]