logo

グーグル、「Allo」への投資を中断か--RCSへ注力

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月20日 17時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、メッセージアプリ「Allo」の開発を中断し、Appleの「iMessage」に代わるような「Android」のサービスに注力するという。


提供:CNET

 Googleは米国時間4月19日、インスタントメッセージアプリ「Allo」の開発への「投資を中断」すると述べ、The Vergeの報道を認めた。SMSメッセージに高度な機能をもたらす「Rich Communication Service:RCS」標準(「Chat」として知られる)にリソースを向けるための動きだ。

 Alloは、2016年の「Google I/O」で発表された。「Android」と「iOS」の両OSで利用できる。Appleの「iMessage」や「Facebook Messenger」「WhatsApp」などに対抗するサービスとされていた。

 GoogleがAlloへの投資を中断するのは、RCSに注力するためだ。RCSは、Androidで高解像度の写真の共有、レシピの読み上げ、グループチャットなどのより高度な機能を提供できるようにする。世界で複数の通信事業者や端末メーカーがこのテクノロジを自社の製品に組み込もうと取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集