logo

紫外線に反応して色が変わるコンタクトレンズ、米で認可

Rochelle Garner (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年04月18日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米食品医薬品局(FDA)が光に反応するコンタクトレンズを認可したことで、今後、まぶしさで目を細めながらサングラスを探す必要はなくなるかもしれない。

 FDAは先ごろ、明るい光にさらされると自動的に暗くなる調光式のソフトコンタクトレンズを認可した。開発したJohnson & Johnson Visionは、このコンタクトレンズ「ACUVUE OASYS with Transitions Light Intelligent Technology」なら、最大14日間にわたって毎日装着できると述べている。

 このコンタクトレンズには、紫外線の照射量に応じて変化する調光機能が施されている。同社によると、このレンズは通常の光量のもとや暗い場所では、自動的に本来の薄い色に戻るという。


光の量に応じて、コンタクトレンズの色味が変化する。
提供:Johnson & Johnson

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]