logo

サクラ大戦完全新作やPS4「シェンムー I&II」--セガフェス2018で新発表

佐藤和也 (編集部)2018年04月14日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 14日10時の開場直後から、多くの来場者が詰めかけていた。

 14日10時の開場直後から、多くの来場者が詰めかけていた。

 セガグループの総合イベント「セガフェス 2018」が4月14日、ベルサール秋葉原にて開幕。同日に行われたステージ「SEGA Fan Meet-Up 2018」にて、新情報を発表した。

 セガフェスは、セガゲームスやセガ・インタラクティブなどセガグループ各社が集結するイベントで、今回が2回目の開催。人間自らアームとなるビッグサイズのプライズゲーム「BIG UFO CATCHER」や「巨大メガドライブコントローラー」、またメガドライブやドリームキャストのミュージアムコーナー、各社の主要コンテンツの最新情報をお伝えするステージや生配信企画、オリジナルグッズの販売やノベルティ配布など、さまざまな企画を実施する。15日まで開催されており、入場は無料。

 イベント最初のステージとなったSEGA Fan Meet-Up 2018では、セガホールディングス代表取締役会長CEOの里見治紀氏が4つの新発表を行った。

 まず、セガの往年の名作を復刻する「SEGA AGES」(セガエイジス)を、Nintendo Switch向けに展開する。15タイトル以上を今夏より順次配信予定で、ステージでは「ソニック ザ ヘッジホッグ」「サンダーフォースIV」「ファンタシースター」のリリースを発表。されている。開発はエムツーが担当する。

 続いては、ゲーム機「メガドライブ ミニ」(仮称)を2018年内発売。家庭用ゲーム機「メガドライブ」を、手のひらサイズで復刻したものとしている。

 さらに、PS4用ソフト「シェンムー I&II」の2018年発売。ドリームキャスト用ソフトとして発売された「シェンムー 一章 横須賀」と「シェンムーII」の移植作としている。

 最後に、「サクラ大戦」の新プロジェクト始動を発表。太正二十九年の帝都・東京を舞台にした完全新作として進められているという。

セガ、メガドライブ30周年で「メガドライブ ミニ」を2018年内に発売
人間UFO CATCHERや巨大メガドラパッド、懐かしの展示物も--セガフェス2018

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]