logo

安全運転でポイント貯まる--「SmartDrive Cars」の申込受付けが開始

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年04月12日 04時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートドライブは4月12日、最新のIoTデバイスを新車に搭載し、安全運転をすることで独自のポイントがたまるサービスなどを毎月定額で利用できるコネクテッドカーサービス「SmartDrive Cars」の申し込み受付けを開始した。まずは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県が対象となる。


コネクテッドカーサービス「SmartDrive Cars」

 同社では、自家用車にデバイスを装着してアプリと連携させることでドライバーの運転を診断するサービス「DriveOn」や、法人の営業・運送車両などにデバイスを装着してクラウド管理するサービス「DriveOps」を提供。これまでに約2万台近い車のデータを収集・解析しているという。

 今回、これまで培った技術やノウハウを生かして、さらに進化したデバイスを厳選した新車に初期搭載。コネクテッドカーとして最短1年から毎月定額で利用できる新サービスSmartDrive Carsを提供する。カーナビやETC、メンテナンスや車検、各種自動車税、自賠責保険など、すべて込みのパッケージとなっている。


アプリの画面イメージ

 サービス開始当初は、安全運転をすることでSmartDriveポイントを貯めることができる機能や、車に関する情報(契約情報、走行履歴、車検やメンテナンスのスケジュールなど)をスマホで閲覧できるメニューを提供し、今後も新機能を拡充していく予定。貯まったポイントは、「Amazonギフト券」や「WAONポイント」などに交換できる。

 同サービスでは、「N-BOX」や「プリウス」などの軽自動車・コンパクトカーから、「CX-5」や「C-HR」などのSUVまで、安全機能や環境性に優れた車種を厳選。最短1年から契約できるため「将来勤務地がどこになるかわからないが、今は車で通勤したい」「子どもが小さい時だけ車を所有したい」「ゴルフやサーフィンなど趣味で車を使用したい」など、仕事や家族のニーズに合わせて車種や期間を選べる(たとえば、NISSAN NOTE e-POWER 5年リースの場合は月額4万100円)。


月額料金のイメージ

 同社では、SmartDrive Carsによって、新しい形のカーライフを提案するとともに、同社のデバイスを利用したコネクテッドカーの普及を加速させ、そこから収集するビッグデータをさまざまな領域で活用することで、一般ユーザーから法人ユーザーまで、安全・エコかつ経済的な車の利用を促進するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]