logo

アップル、新宿マルイ本館に「Apple 新宿」を4月7日10時オープン

坂本純子 (編集部)2018年04月05日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは4月7日10時、新宿マルイ本館1Fに「Apple 新宿」をオープンする。営業時間は10時~21時。オープンに先駆けて、プレス内覧会を開催した。

新宿マルイ本館1Fに「Apple 新宿」
新宿マルイ本館1Fに「Apple 新宿」

 日本では、2014年6月にオープンした「Apple 表参道」以来の新店舗だ。場所は、新宿三丁目の駅に直結している新宿マルイの1階。

 広さは公表していないが、おなじみのガラス張りの店舗で長さ37mという。1フロアのみだが、百貨店の一部と考えて行ってみると、思ったより広く感じるかもしれない。

ガラス張りの店舗。内覧会には多くの報道陣が詰めかけた
ガラス張りの店舗。内覧会には多くの報道陣が詰めかけた

 Apple シニアマーケットディレクターのダニー・トゥーザ氏は、「Appleにとって特別な国。これからも向こう5年間かけていくつかの新しいストアをオープンし、また既存のストアを改装することで日本のリテールのさらなる投資を続けていく」と語った。

アップルのウェブサイトでは、2018年にさらに2店舗オープンすることを予告している
アップルのウェブサイトでは、2018年にさらに2店舗オープンすることを予告している

 なお、アップルは2018年にもう2店舗オープンすることを明らかにしており、都内ではリニューアルに向けて渋谷店を休業している。

Apple シニアマーケットディレクターのダニー・トゥーザ氏
Apple シニアマーケットディレクターのダニー・トゥーザ氏

 今回の新宿店について、「新宿は独創性と自己表現の伝統を持つ、活気に満ちたエリア。エンターテインメント、文化の中心地。私たちはこのストアを新宿の中心にあるタウンスクエア“街の広場”と考えている。皆さんに集まっていただき、お互いつながりを築いてもらう。学ぶためのインスピレーションを得て、創造性を解き放ってもらう場所」と語った。

 単に製品を販売するだけでなく、他の店舗と同様に、iPhone/iPadの使い方などベーシックな講座からプログラミングや音楽・ビデオ制作が学べる「Today at Apple」も随時開催している。

 正面には6Kディスプレイ。イスが用意されており、この内覧の日はビデオ作成アプリ「Clips」の体験講座が行われた
 正面には6Kディスプレイ。イスが用意されており、この内覧の日はビデオ作成アプリ「Clips」の体験講座が行われた

 このストアには、160名以上のスタッフが在籍する。スタッフの多くが世界中の他のストアでの勤務経験を持ち、平均の在籍年数は6年。新宿のストアリーダーは、2003年、Apple 銀座がオープンしたときにスペシャリストとして入社した女性スタッフだという。

 なお、4月7日のオープンの際には、恒例の記念Tシャツに加え、ピンバッジを配布する。数量は非公開だが、表参道のオープンでは5000名分が用意されており、十分な数があると予想される。

記念Tシャツとピンバッジのセットを配布する
記念Tシャツとピンバッジのセットを配布する
「Apple 新宿」4月7日10時オープン--気になる内部と記念Tシャツ&ピンバッジ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]