logo

教育市場狙いの新iPad、iFixitの試験に落第--子どもが使うのに修理困難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iFixitは、Appleの第6世代タブレットに相当する新型「iPad」を入手し、分解レポートを公開した。

 第5世代の9.7インチ版iPadとほぼ同じデザインで、画面のLCDとデジタイザ、カバーガラスは融着されておらず簡単に分離可能なため、この点は容易な分解や修理に貢献する。ただし、強力に接着されたバッテリが外しにくく、全体的に接着剤が多用されるなど、修理は困難だという。最終的に、修理のしやすさを0から10の数値(10がもっとも修理しやすい)で表す「Repairability Score」(修理容易性スコア)を2とし、「試験には落第」とした。


第6世代iPadの修理容易性スコアは2で修理困難(出典:iFixit)

 表面を温めて接着剤を柔らかくすると、画面を本体から外せる。LCDとデジタイザが融着されていないため簡単に分離可能で、修理しやすい。第6世代iPadは教育市場向けを意識したモデルであり、落とすなどして画面が割れやすい教室で使うデバイスとして、画面の修理が容易なことは評価できる。


画面は容易に分離可能(出典:iFixit)

 LCDパネルとロジックボードは、標準的なプラスのドライバーで分離できた。しかし、ロジックボードはケースと強力に接着されていたため、外すのに接着剤リムーバーを使う必要があった。


標準的なプラスのドライバーで外せる(出典:iFixit)

ロジックボードは強力に接着されていた(出典:iFixit)

 ロジックボードに搭載されている主なチップは、Apple製プロセッサ「A10 Fusion APL1W24 SoC」、2ギガバイトのMicron製DRAM、「Apple 343500203-A0」、Broadcom製タッチスクリーン用コントローラ「BCM15900B0」、32ギガバイトの東芝製フラッシュメモリ「TSB3236LX3536TWNB1」。


ロジックボード(出典:iFixit)

 iPadのバッテリは、引っ張るとはがれるテープ型接着剤を一部モデルで採用していたものの、第6世代は強力な接着剤で固定されていた。そのため、バッテリの交換は難しいという。バッテリのスペックは、第5世代と同じく3.73V、8827mAh、32.9Wh。

第6世代iPadの分解手順(出典:iFixit/YouTube)

 なお、iFixitは第6世代iPad向けにも恒例となっている壁紙画像(可視光版X線版)を用意した。


第6世代iPad向けの壁紙画像(出典:iFixit)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]