logo

カリフォルニア州、公道で完全無人の自動運転試験を受け入れ

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年04月04日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州は米国時間4月2日、完全な無人車両による公道試験の申請受付を開始すると発表した。これは、安全を考えて人間のドライバーが運転席にいることが義務付けられていたこれまでの試験とは異なる。

 カリフォルニア州の車両管理局(DMV)は、無人運転の許可取得に必要な要件の概要を示した。要件に含まれるのは、サイバー攻撃に備えた適切なセキュリティ対策や外部との双方向通信機能を備えていること、また、車両が特定の指定区域と条件の範囲外では自律運転で走行しないことなどだ。規則の全文はここで確認できる。

 今回の措置はカリフォルニア州にとって思い切った動きであり、とりわけ、アリゾナ州で3月にUber Technologiesが所有する自動運転のSUVが歩行者をはねて死亡させる事故が起きた後では、なおさらそう感じられる。ただし、カリフォルニア州はこれらの許可を慎重に規制する意向のようで、企業による危険な行為が発見された場合には、無人運転試験の許可を即時に停止するか取り消す権利を留保している。

 規定された要件に基づいて許可を取得すれば、米自動車技術者協会(SAE)のガイドライン(特に、特定区域内でのみ自律運転ができることを定めたガイドライン)で示されたレベル4の自動運転の試験が認められることになる。

 Waymoなどの企業は現在、レベル4対応車両の試験を行っている。人間が介入しない運転技術が今後どうなっていくのか注目される。


提供:Waymo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集