logo

DNP、スマホで真贋判定ができるリップマン型ホログラムを開発

加納恵 (編集部)2018年03月30日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷は3月30日、LEDの点光源を照射すると、表面に文字や絵柄などが浮かび上がり、真贋判定できる新しいリップマン型ホログラムを開発した。

 リップマン型ホログラムは、ハンディタイプのLEDライトやスマートフォンなどに搭載されているLEDを使って真贋判定できるため、顕微鏡や特殊フィルム等を購入する必要がなく、導入コストを抑えられることが特徴。ホログラムの真贋判定の状況をスマートフォン等のカメラで撮影し、その画像をメール等で送付することで、遠隔地にいる関係者間と情報共有できる。



LEDをホログラムに当てると、絵柄や文字が浮かび上が

 エンボス型に比べ、色分散が少なく、文字や絵柄がより見えやすく、特定の情報を微小な文字として印刷する“マイクロ文字”など、従来からのセキュリティ技術と組み合わせることで、セキュリティレベルを向上できるとのこと。今後は、ID証やパスポート、運転免許証などに提供し、2020年度に2億円の売上を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]