logo

ギガプライズ、大東建託らとIoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の実証試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギガプライズは3月29日、大東建託、東京電力パワーグリッド(東電PG)と共に、IoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の実証試験を開始すると発表した。試験開始は3月30日。

 本実証実験では、大東建託グループが管理する首都圏の賃貸住宅100戸で、「スマートライフサービス」のユーザビリティ検証や、商用化に向けた評価をし、2018年度内の本格導入を目指す。

 スマートライフサービスは、家電や部屋設定のコントロール、スマートロックに加え、電気の使用状況やウェブカメラによる子供やペットの見守りが可能。家電遠隔操作の結果を専用アプリで確認し、つけっぱなし家電などの通知も可能だ。スマートフォンやスマートスピーカによる、AIアシスタントのサポートも備える。

スマート賃貸住宅の概念図

 本実証実験において東電PGは、スマート賃貸住宅に導入する高精度電力センサと、AI技術で取得した電力データから家電の稼働状況と電力量を推定し、分析・加工する宅内IoTプラットフォームを提供し、スマートスピーカとLINEと連携したサービスの実証を担当する。

 ギガプライズは、家電と設備の一括制御を可能にするIoTプラットフォーム「LiveSmart」を提供。LiveSmartは、Wi-Fi、赤外線、Bluetooth、Z-Waveなど主要な通信規格に対応したIoTハブで、メーカーを問わずさまざまな機器に接続が可能だ。専用アプリに加え、AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカ、LINEなどで、接続した機器の操作もできる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]