logo

「Microsoft Excel」に新たなデータの種類追加へ--地理情報や株価

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年03月30日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月29日、「Microsoft Excel」に地理と株価のデータの種類を追加すると発表した。これらを、まず「Office Insider」プログラムの参加者に向けて提供し、テストを実施した後、商用アカウントを持つ、「Office 365」のサブスクリプションユーザーに向けて数カ月かけて展開していく。対象言語は当面、英語のみとなっている。

 現在のところ、Excelは数値と文字列をサポートしている。同社のアプリケーションやサービスが「Microsoft Knowledge Graph」と連携するようになるとともに、この種のアプリはより高機能になり、さまざまなタスクをこなせるようになってきている。

 Office 365のエコシステムマーケティング担当責任者であるRob Howard氏によると、「Satori」という開発コード名で呼ばれているKnowledge Graphは、大きく進化してきており、こういったクラウド接続型のナレッジグラフ接続が、AIを活用したと同社が語るこれらの新しいデータの種類を支えているという。

 新たに導入される地理のデータタイプは、州や国だけでなく、郵便番号や都市もサポートしている。また、株価のデータタイプにはティッカーシンボル(銘柄記号)や企業名が含まれており、最新の株価を取得することもできる。Microsoftの戦略は、より豊富な機能を持ったデータの種類をExcelに順次追加していくというものだ。

 Microsoftの関係者は、将来的に販売データや顧客関係管理(CRM)データといった企業が持つ情報もデータタイプとしてサポートしていく可能性があると述べたが、実現する時期などについては明らかにしていない。

Excel
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]