logo

Facebook、プライバシー管理を改善--任意のデータ削除も可能に

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月29日 08時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間3月28日、ユーザーが自分のプライバシーをよりきめ細かく制御できるようにするための新機能を導入すると発表した。プライバシー設定を「より簡単に見つけて利用」できるようにするほか、個人情報の設定や他者に対する公開内容など、Facebookのプライバシー機能のすべてを一カ所にまとめるという。

 しかし、大きな変更点は、Facebookのプロフィールやタイムラインから任意の情報を削除できることだ。そうすることで、Facebookによるそのデータの収集および使用を停止させることができる。


提供:Getty Images

 Facebookの最高プライバシー責任者のErin Egan氏と次席法務顧問のAshlie Beringer氏は電子メールによる声明で、同社が導入する対策について説明し、これによって「ユーザーは自分のプライバシーをよりきめ細かく制御できるようになる」とした。

 「プライバシー設定などの重要なツールが見つけにくいことと、ユーザーに知ってもらうために一層取り組まなければならないことを、十分に理解している」と両氏は述べた。

 今回の変更の基本的な概要は以下のとおり。

  • プライバシー設定を一カ所に:「20近くの異なる画面に分散していた」設定を簡素化
  • プライバシーショートカットメニュー:2要素認証、広告の制御、自分の投稿の公開対象を管理するためのツール、自分の共有内容を確認するための操作を統合
  • 「Access Your Information」ツール:自分のプロフィールやタイムラインの情報(投稿、リアクション、コメント、検索履歴など)を参照、管理、削除可能に
  • 全Facebookデータの安全なダウンロード:写真、連絡先、投稿など(別のサービスに移行することも可能に)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]