logo

アップルのプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」、ARに対応

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月28日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、「Swift Playgrounds」アプリに拡張現実(AR)機能を新たに導入した。Swift Playgroundsは、子どもたちにプログラミングの基礎を教えるためのアプリで、ひいては次世代の「iPhone」アプリ開発者を育てるという狙いも込められている。


提供:James Martin/CNET

 ARへの対応により、子どもたちは、自らが組んだプログラムの指示に従って動くマンガ風のキャラクターを、Swift Playgroundsのプロジェクトに取り込めるようになった。この技術には、AppleのARプラットフォームである「ARKit」技術が利用されている。

 Appleは今回の新機能を、米国時間3月27日にシカゴのレーン・テック・カレッジ・プレップ・ハイスクールで開催したイベントで明らかにした。このイベントで、Appleはより強力な新しい「iPad」を発表し、教育市場での勢力を取り戻そうとしている。教育現場では長年にわたり、AppleのコンピュータとiPadが人気のツールだったが、近年はセキュアで管理の楽な「Chrome OS」を搭載したGoogleの安価なノート型デバイスが、極めて高い支持を獲得している。


提供:Stephen Shankland/CNET

 Swift Playgroundsは初心者を想定したアプリだが、プロ用のプログラミングツールである「Xcode」やプログラミング言語の「Swift」を利用する、上級者レベルへの入り口となるツールでもある。AppleがSwiftをリリースしたのは、2014年のことだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]