logo

ボーズ、肩に乗せるウェアラブルスピーカ--外音取り込みながら音楽に没頭

加納恵 (編集部)2018年03月22日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは3月22日、肩に乗せて音楽を聴けるBluetoothウェアラブルスピーカ「SoundWear Companion speaker」を発表した。周囲の音が聞こえる状態のまま音楽を聴いたり、通話したりできる。発売は3月29日。税別価格は3万2000円になる。

BOSE「SoundWear Companion speaker」
「SoundWear Companion speaker」

 高さ5cm×幅24cm×奥行19cmで、重量約260gのネックバンドタイプで、肩に乗せて音楽を聴くことが可能。首や肩の形に合わせ、自由に調整できる形状固定ワイヤーを採用し、シリコンがねじれを調整し、首回りにぴったりフィットする。

 上向きドライバユニットと11インチウェーブガイドを2つずつ搭載することで、コンパクトボディながら深みのあるサウンドを再現。耳に届くサウンドを最大限に高めることで、周囲への音漏れは最小限に抑えているという。

 独自のマイクロホンシステムにより、風切り音や周辺ノイズを除去し、クリアな通話が可能。スピーカボタンを操作することで、着信への応答や終話、曲の再生、SiriやGoogleアシスタントなどへのアクションも実行できる。

 リチウムイオン充電池で駆動し、最大約12時間の再生が可能。約15分の充電で約2時間使用できる急速充電機能も備える。IPX4に準拠した防汗、防滴仕様で、着脱でき伸縮自在のカバーを付属。ブラックのカバーを付属するが、別売で、ヘザーグレー、ミッドナイトブルー、ダークプラムのカラーバリエーションもそろえる。

-PR-企画特集