logo

ソニー、薄くて軽いモバイルプロジェクタ--5秒で起動、持ち運びはポケットで

加納恵 (編集部)2018年03月22日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月22日、バッテリを内蔵し、約5秒で画面投写ができるモバイルプロジェクター「MP-CD1」を発表した。薄さ16mmのスリムデザインでポケットに入れて持ち運べる。発売は4月25日。想定税別価格は4万6000円前後になる。


モバイルプロジェクタ「MP-CD1」

 高さ16mm×幅83mm×奥行き150mmで、重量約280gのコンパクトボディに、5000mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵。コンテンツにもよるが約1.5~3時間の再生に対応する。

 ソニーでは、ポータブル超短焦点プロジェクタ「LSPX-P1」などのモバイルプロジェクタを発売しているが、ポケットサイズを実現したモバイルモデルは今回が初めて。打ち合わせなど、2~3人であればPCのモニタ画面、大人数であれば据え置き型プロジェクタを使用するケースが多いが、5~6人程度で集まった時の「少し大きな画面で見たい」というニーズに応えるモデルと位置づける。


光源にはLEDランプを使用。出力1.0Wのスピーカも搭載する

 テキサス・インスツルメンツ製のDLPを採用し、画像再現性や広色域階調、明るさを追求。小型モデルながら105ANSIルーメンを確保し、明るく、色再現性の高い映像を目指した。

 本体にはHDMI入力のみで、ストリーミングデバイスを接続して動画を見たり、スティックPCをつないでPC画面を再生したりできるとのこと。USB給電機能を設け、スマートフォンなどへの給電ができるほか、モバイルバッテリを接続して投写中の充電も可能だ。


HDMI入力、USB、電源端子などをサイドに備える

専用ケース(左)が付属する

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]