logo

京セラ、米国防省の調達基準に準拠した高耐久SIMフリースマホ「DURA FORCE PRO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラは3月14日、現在北米向けに展開している高耐久スマートフォンを日本市場向けに「DURA FORCE PRO」(KC-S702)として、販売を開始すると発表した。市場想定価格は7万9920円(税込)。

 DURA FORCE PROは、過酷なビジネスシーンに求められる耐久性と堅牢性が特徴のスマートフォン。同社では、米国にて累計750万台以上の高耐久スマートフォンならびに、フィーチャーフォンを販売(2018年2月現在)しているという。


 特に同機種はフラッグシップモデルとしての堅牢性とIP(パケット)トランシーバ機能が、法人ユーザーを中心に支持されているという。国内での販売については、京セラブランドのSIMロックフリースマートフォンとして発売する。

 なお、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gに準拠した16項目と防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)をクリア。筐体は落下時の衝撃を和らげる「バンパー構造」とし、過酷な現場作業に耐えられる堅牢性を備えている。

 搭載するIPトランシーバーは、通信ネットワーク網を利用し、全国で使えるトランシーバ機能。複数の相手に対して一斉に連絡できるため、業務効率が向上する。同機能は、アプリをダウンロードし、インストールすることで対応可能となり、高額な初期導入コストをかけることなく、利用できるという。


 さらには、グローブを着けた状態でも、急な雨などで画面や手が濡れていても使えるタッチパネルディスプレイ(約5インチ FHD TFT液晶)の採用。 5パターンまで登録でき、複数人で共有できる指紋センサ。100dB以上の大音量で、屋外でも聞き取りやすい2つの前面スピーカ。グローブを着けた状態でも操作しやすいサイドのダイレクトボタン。通常のカメラとは別に、現場の状態を一望する画像を撮影できる135°のワイドアングルカメラなどを採用する。

 CPUは、MSM8952(1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア)。OSは、Android 7.1.2。メモリは、ROM32Gバイト/RAM2Gバイト。カメラは、メインが約1300万画素CMOS、ワイドが約200万画素CMOS、サブが約500万画素CMOS。

 通信対応は、LTEが、B1、B2、B3、B4、B5、B7、B8、B12、B19、B20、B29。UMTSが、B1、B2、B4、B5、B6、B8、B19。GSMが、850/900/1800/1900MHz。

 サイズ(約)は、幅73.4mm×高さ148.4mm×12.9mm。重量は、約230g。バッテリ容量は、3240mAh。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]