logo

配車大手Grabがフィンテックに本腰--クレディセゾンなどと提携

Eileen Yu (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年03月14日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつては配車サービス事業者にすぎなかった東南アジアのGrabは、ポートフォリオを拡大してモバイルおよびピアツーピア決済を手がけるまでになったが、今回さらに保険とマイクロファイナンスサービスを追加した。

 シンガポールに本拠を置くGrabは現地時間3月13日、“フィンテックプラットフォーム”である「Grab Financial」の立ち上げを発表した。同社によると、決済、ポイント、ロイヤルティサービスに加えて、金融および代理店サービスなどのフィンテックサービスを包括するものだという。

 Grabはまた、クレディセゾンとの新たなパートナーシップを発表した。資本業務提携のうえGrab Financial Services Asiaを設立し、ローンや与信サービスを東南アジアで提供するという。

 Grabは世界銀行のデータを引用し、東南アジア地域で銀行口座を保有している成人はわずか27%にとどまっていると述べた。そのため、銀行にとって信用やリスクの評価が困難になっているという。信用やリスクを評価するには通常、収入、消費習慣、既存の債務、銀行口座情報など、さまざまなデータを分析する必要がある。適正なリスク評価がなければ、消費者がクレジットを利用する機会が限られる可能性があるとGrabは述べた。

 Grabはまた、これとは別の発表の中で、Chubbと提携し、Grabのドライバー向けに保険サービスを提供することを明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]