logo

物流業界の課題解決へ--AIによる需要予測データを取り入れた「クラウドロジ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタークスは3月15日、物流業界全体の課題解決を目指す新しい発送代行サービス「クラウドロジ」の提供を開始したと発表した。


 クラウドロジは、AIで需要予測し、単一拠点の倉庫ではなく、倉庫の拠点を複数カ所に分散させ、EC事業社様の荷物を最適に管理・発送できるクラウド型プラットフォームサービス。事前に需要を予測し、倉庫の拠点を分散させることで、配送コストを抑えたり長距離ドライバーの負荷を軽減できたりし、正確なシフト管理が組めるようになる。

 同社では、通販企業450社以上に導入実績のある発送代行サービス「リピロジ」を2015年より展開していたが、AIによる需要予測データなどを取り入れ大幅にリニューアルし、クラウドロジとして展開することにしたという。


 同社によると、ネット通販の拡大に伴い荷物を運ぶドライバー不足が深刻化しているほか、長時間労働による負担や事故のリスクも含めて、社会問題となっているという。さらに、ドライバー不足による配送の遅れも問題になっており、企業活動や個人の生活にも影響が出始めている。

 そこで同社では、「配送の負担を軽減する」アプローチで、物流のクラウド化(在庫分散)サービスであるクラウドロジの提供に至った。

 クラウドロジの導入により、長距離輸送が減らせるため、少ない人員でも効率的に配送できるようになるほか、運送距離が短くなるので、配送エリアによって10〜20%ほど配送費を抑えられるという。

 また、大きな段ボールではなくポストインサイズの梱包を推奨することで、購入者の不在時にも荷物をポストに投函でき、再配達の削減が可能になるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]