logo

イーロン・マスク氏、地下トンネルで高速の公共バスを走らせる計画を明かす

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月12日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Elon Musk氏は今、未来の公共バスを作ることに興味を持っている。


提供:Video screenshot by Eric Mack/CNET

 Musk氏は2013年に新高速交通システム「Hyperloop」の構想を発表した。その後、都市部の地下にトンネル網を作るため、The Boring Companyを創設した。このトンネル網は、地下で自動車を素早く移動させる高速電動の「スケート」を使って、交通渋滞を回避する。そして、同氏は今回、それらの新交通手段では、公共交通、具体的には歩行者とサイクリストが自動車より優先される、と述べた。

 The Boring Companyは以前、個々の自動車を街路の高さから地下の高速ネットワークに降ろすシステムの動画を披露したが、Musk氏は今では、自動車を持っていない人々を最優先する意向だ。

 Musk氏は米国時間3月9日のツイートで、「自動車も輸送するが、それは公共交通の個人的なニーズが全て満たされてからの話だ。これは礼儀と公平性の問題である。自動車を購入する余裕のない人が優先されるべきだ」と投稿した。

 Musk氏は2017年12月、公共交通政策の専門家Jarrett Walker氏とTwitterで論争になった。Walker氏は、Musk氏が「スペースを他人と共有することに対して嫌悪感」を持っていると非難した。これを受けて、Musk氏はWalker氏のことを「聖人ぶった馬鹿者」と呼んだ

 Musk氏は今回、公共バスを根本から再発明し、かつてない速度を実現することで、自身が公共交通の支持者であることを改めて強調したいようだ。

 同氏はコンセプト動画を掲載し、「これは、トンネルとエレベータの間を自動で移動することが可能で、地下を時速150マイル(約241.4km)で自律走行する電気バスだ、と言うこともできるだろう。そう、バスである」と述べた

 さらに、Musk氏はThe Boring Companyの都市ループシステムについて、「1台分の駐車スペースと同サイズの小さな駅を何千も設けて、利用者が目的地のすぐそばまで移動できるようにする。これらの小さな駅は都市の構造にシームレスに溶け込む。少数の大きな駅がある地下鉄とは異なる」と説明した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]