logo

CyberZ、「シャドウバース」のeスポーツプロリーグを発足--選手に最低給与保障

佐藤和也 (編集部)2018年03月09日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eスポーツイベント「RAGE」を手掛けるCyberZは3月9日、エイベックス・エンタテインメント、Cygames、AbemaTVと合同で、Cygamesのデジタルカードゲーム「Shadowverse」(シャドウバース)のプロリーグとなる「RAGE Shadowverse Pro League」を発足。5月から開幕予定としている。

「RAGE Shadowverse Pro League」公式サイトより
「RAGE Shadowverse Pro League」公式サイトより

 リーグは、企業が持つプロeスポーツチームに所属する3人1組のチーム戦で実施。チーム自体はリザーブ1人を加えた4名で構成するという。選手については、3月17日に選手説明会を開催し、同日から公募を開始。応募資格は満18歳以上。リーグに参戦する選手には最低収入(給与)として月額30万円を保障する。また年間インセンティブとして、リーグからチームへ総額2000万円を支給するという。

 リーグに参戦するのは4チームで、各チームのオフィシャルパートナーとして、au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業が参加。「au デトネーション」「名古屋 OJA ベビースター」「レバンガ☆SAPPORO」「よしもと Libalent」がリーグ戦を戦う。

 各試合は、CyberZのeスポーツスタジオ「OPENREC STUDIO」にて実施。試合の模様はAbemaTVの「ウルトラゲームスチャンネル」ならびに、OPENREC.tvで毎週放送する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]